自転車旅行 in しまなみ海道・四国 ~2日目 後編~

  • 2018.08.23

※2018/07/30 の日記です。



伯方島~今治駅


高校生の集団を蹴散らし、伯方島を走ります。
伯方島と言えば、伯方の塩が有名ですよね。

伯方の塩ラーメンを食べたかったのですが、営業時間までに間に合わないため断念。
そろそろ夕方になる頃だったので、ここから先は観光せずにひたすら走ります。
(大島の亀老山展望公園に行きたかったけど、スタミナ切れで断念しました)


今治駅までのルートです。









最後に「来島海峡大橋」を渡ります。なんと、橋の長さは4kmもあります。






緩やかな坂道をぐるぐる回りながら上っていくことで橋にたどり着くことができます。



若干追い風だったということもあり、あっという間にしまなみ海道を走破!
幸せでした。今度は2日に分けてゆっくり走りたいですね。




愛媛県今治駅に到着。初めての四国です。




自転車の超有名なメーカー「GIANT」のお店が駅に直結してました。
レンタルもできるらしいです。


輪行して香川県へ


輪行して香川県に向かいます。
多度津までの特急列車は4000円。なかなか痛い出費です。
電車の待ち時間は1時間。長い…。



しかし、ここで大きな問題が発生します。
広島や岡山、愛媛などで多くの方が亡くなった台風がありましたが、
あの台風で鉄橋が壊れてしまい、予讃線の一部の区間が走れないというのです。
なので、観音寺駅から多度津まで代行バスが出ているとのこと。
問題はこの「バス」です。


高速バスは下に大きな荷物を積めるトランクルームがありますが、
自転車は輪行袋に入れていたとしても、断られることがあります。
断られたとき、観音寺から今晩泊まる琴平のホテルまで自転車で走らなければなりません。
もう暗いし、スタミナも無い。街灯もかなり少ない。危険です。

とりあえず、香川県には今日中に行かなければならないため、電車に乗ります。





乗客が少なかったので自転車を置かせてもらいました。


乗務員がいたので、代行バスに自転車を積めるか確認したところ、「電車に持ち込めるものは代行バスでもOK」とのこと。助かりました!




多度津駅で土讃線に乗り換え。もう21時半です。


琴平を徘徊


22時頃に琴平駅に到着。自転車を組み立てて、ホテルでチェックイン。
晩御飯を食べるため、お店を探したのですが、ほとんどのお店が23時までに閉店。
ホテルのスタッフに聞いてみても、「この時間ならラーメン屋しかやってません」と言われました。





何もありません。田舎です。



Google Mapで調べていると、夜中の2時まで営業しているダイニングバーを発見。
絆~kizuna~というお店です。ナポリタンが美味しかったです。

地元のお客さんや店員から美味しいうどん屋や観光スポットについていろいろ教えてもらいました。とても賑やかで楽しい夜でした。


次回はちょっとだけ徳島県に行きます。

7/30の記録


走行時間:5時間46分
走行距離:114km
宿泊費:5800円
交通費:4190円


つづく